グループについて


創設者 & 芸術監督: サイモン・コックス

芸術監督: マシュー・ナイト

Septuraはロンドンのトップ奏者から結成され、金管七重奏というユニークで表現豊かなサウンドを通して、新しい金管室内楽を提唱します。

この新しい編成のための編曲作品や委嘱曲のレパートリーを創り出すことで、Septuraは金管アンサンブルをひとつの芸術分野として確立・発展させていきたいと考えています。現在、ロンドンの王立音楽院のレジデント・アンサンブルをつとめるほか、ナクソス・レーベルと10枚のディスクのシリーズを録音中です。それぞれのディスクにおいて違う時代とジャンル、そして異なる作曲家を組み合わせ、金管室内楽の仮想歴史を作り上げていきます。

また、こうした増え続けるレパートリーを取り込んだSepturaの演奏会は、明確なコンセプトやテーマをもった革新的で独創的なプログラミングで聴衆を魅了しています。

Septuraのメンバーは、英国の金管界の新世代を代表するトップ奏者たちであり、それぞれロンドン交響楽団、フィルハーモニア管弦楽団、ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団、BBC交響楽団、バーミンガム市交響楽団、オーロラ・オーケストラなどの首席奏者を務めています。

Septuraのマネージメントは Percius Artist and Project Managementが行なっています。


Performances of remarkable richness, expressive intensity and almost nonchalant virtuosity. British brass playing is the envy of the world, and when you hear Septura you can hear exactly why.

Jonathan Freeman-AttwoodPrincipal, Royal Academy of Music, London

A dazzling exploration of the instruments’ capabilities in range, colour and dynamics…an innovative and highly engaging listening experience.

Klaus HeymannFounder, Naxos Records

A heavenly experience…a fascinating musical journey…deeply felt and supremely well-executed.

Peter CollinsWales Online

Uplifting debut from a magnificent seven…all ace musicians, as this stirring, thoughtful debut CD for Naxos confirms. Look out for the next in the series.

Fiona MaddocksThe Observer